So-net無料ブログ作成

入所 [日記]

 みなさま、大変ご無沙汰しております。 なんと!1年以上も更新をしていなかったこのブログ、しかし一番新しい記事の閲覧数は少しずつ増えているので、リアルに面識のあるみなさんが「あいつ、生きてるのか?」と思いつつたまにのぞいてくれているのかな~と思って、たまには書かなきゃな~と思い続けていました。

昨年の夏、移住先の九州から両親が埼玉に戻ってきて、いきなり始まった認知症との関わり。 落ち込みながらも周りの方々の助けを受け、なんとか在宅で介護をしてきましたが、このたび急きょ父の特養入所がかないました。

所沢は特養の件数が多い市で、既存施設が約10件、今年の秋に新設されたところが1件。通常は何年待ち、何百人待ってますなんて言われるんですが、新設なら数十名いっぺんに入れるので、秋にできるところには入れるだろうと期待していたら、結局選に漏れ、次に来年春にまた一軒新しい特養ができるので、そっちには入れるのかしら…と思っていた矢先に、既存の小規模な施設からお声がかかりました。

友人たちに「うちの父、特養に入れたの」と言うと「よかったね~」と言ってくれるのですが、いざこうなってみるとなんだかヒジョ~に複雑な気分。 うちの家族は特養入所に対して誰も反対していなかったし、望んでいました。 何度か家を出て行って路上で転び、先日は救急車で収容されちゃったりもしたし。 夜もちゃんと寝なかったりするから、母は体が持たないし、だんだんトイレも難しくなってきてたし。 でも、まだしゃべるんだよね。ちゃんとした会話は成り立たないんだけど。 「何で俺がこんなところに行かなきゃいけないんだよ」と父は言い、弟が「お父さんの安全の為だよ」と説得していました。 ほかの入所者の方はほとんどしゃべれない。車いすにヘッドレストがついている人が多いです。 父は危なっかしいけどまだ歩いていて(だから余計に危ないんだけど)一見すると元気そう・・・。 でも、もう自由にどこかに出かけることはできないんですよ。

待っていたことなんだけど、よかったことなんだけど、手放しで「おめでとう」とは言えない出来事。 同じようにお母さんを特養に入所させた友人は「よかったね」とは言わず、「その気持ちわかるわ」と言ってくれました。

CIMG2095.JPG

ともあれ、父のことは介護が終わったわけではないけど一段落。 私はといえば、チョビを留守番させて仕事に行けるようになりました。 まぁ、アルバイトなんですけどね。[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0