So-net無料ブログ作成

老化 [日々思うこと]

チョビは満8歳。 ウチに来てからずっと私がトリミングをしてきた。 8歳になった頃から、皮膚にシミが見られるようになった。 少しずつ増えてきて、尻尾に出来たシミはバリカンを入れるとはっきりわかるようになってきた。

DSC07600.jpg

白いトイプーは元々あまり毛量の多い子は少ないけど、チョビはそこそこの量のある子だった。 けど、今年に入ってから、後脚の先のほうは毛が伸びなくなってきた。

DSC07598.jpg

普段から、どのくらいの周期でトリミングしているかの記録として、洗って乾かした後とカット後の写真をデジカメで撮るようにしている。 夏の頃までは脚先にブレス(丸く長めに残すカット)をつけられていたんだから、寒くなってから急に毛ぶきが悪くなってきたようだ。 そういえば、鼻先の毛もなんとなく薄くなってきた・・・。

チョビを連れて散歩をしていると、「トイプードルは色々なカットが楽しめていいですね」と言われることがたまにある。 私も下手ながら、真っ白でふかふかにトリミングしたチョビを連れて歩くのは楽しく、「きれいですね~」とお世辞でも言ってもらえれば鼻高々で、とてもうれしい。

昔、トイプードルを飼うことに決めて探していた頃、「トイプードルの館」というHPを見つけた。 香川に住む女性が作っていたサイトだったのだけど、蘭ちゃんというお母さんとその2匹の子供たちの成長の記録だった。 それはきれいな親子で、カットもウチのようなペットカットではなく、イングリッシュサドルやコンチネンタルなどのショーカットで、とてもシロウトさんが飼っている様なレベルではなかった。 まめにプロのトリマーさんにカットしてもらっていたのはもちろんだけど、普段のお手入れも熱心にされていたのだと思う。 久々にHPを訪れてみると更新されていたのでメールを送ってみた。 すると返事をいただけ、まもなくHPを閉じる予定だと知らされた。 ワンコたちの写真は、8歳になるまではトリミングのたびに撮っていたけれど、それ以降は老いの記録になってしまうようで辞めてしまったと書いてあった。

ウチのチョビにも顕著な「老い」の兆候が出始めたのだ。 8歳くらいではっきり見え始めることが多いのかもしれない。 トリミングは面倒くさく思うこともあるけど、手入れをしていて幸せに感じることもある。 自分の犬の手入れを自分で出来るってことはある意味恵まれているし、ワンコとのコミュニケーションでもあるし、体の状態をつぶさに見て異常がないか確かめる機会でもある。 これからますます老いて、かっこいいカットが出来なくなっても、薄毛でみっともなくなっても、最後まで私が手入れをし続けるのだ。 ヨボヨボになってトリミングテーブルに立っている体力が無くなっても、耳が聞こえなくなったり、目が白内障で見えなくなっても、最後まで、最低限の清潔を保つための手入れをし続けようと思う。 

私の髪にも最近白髪が増えてきた。 元々白髪の少ない家系のようで、いまだに白髪染めとは無縁だけど、今は定期的に目立つものを見つけてはハサミでカットしている。 数年後には白髪染めが必要になるんだろうな。

チョビと私は今、丁度同い年くらいだ。 ワンコは人の4倍の速さで歳をとると言うから、これからどんどん追い越されて、チョビのほうが「先輩ばあさん」になっていくんだろう。 お互い病気などせずに、元気に毎日送れるよう、願う。 1日でも長く一緒にいられるように、祈る。

今年も、チョビと一緒の思い出が、たくさん出来ますように。[るんるん]

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0